« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

日本ダービー

日本ダービーを見に東京競馬場に行って来ました。

普段、競馬はやらないのですが、今回だけは特別です。

何故ならば、皐月賞馬ディープインパクトが出るからです。しかも、騎乗はあの天才ジョッキー武豊騎手です。

この馬の強さ、半端なものではありません。

4戦全勝負け無しで、今回の日本ダービーでも5馬身の大差をつけて圧勝です。

秋に行われる菊花賞に勝つと3冠馬となります。

今まで何千何万の日本のサラブレットがいる中でこの3冠馬となった馬は、たった4頭(牝馬を入れると6頭)だけです。いかに3冠を獲ることが難しいと言うことです。

私はここに単に競馬だけとはいえない、ロマンを感じてしまいます。

強い人(馬)に憧れてしまうのは私だけでしょうか。

そんな私達の夢をいっぱいに乗せて、少し寒くなった京都競馬場をやっぱりぶっちぎりで走り抜けてくれるだろうディープインパクトに思いを寄せてしまうのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

成功する雨声師

成功する雨声師は、雨が降るまで雨声をします。

だから成功するのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリスマ美容院

今日、髪を切ってきた。

代官山にあるサロンだ。

わざわざ代官山まで行くのには、理由がある。

サービスがすごいのである。

どんなサービスか?さり気ないのである。

窓からカーテンが少したなびいて、心地よいそよ風がさらりと舞うと表現したらいいだろうか。

それが感動するのである。重くないから、背伸びしてないから。。。

今回、手書きのメールも頂いた。

「夜の東京タワーがすごくきれいです」と

本当にきれいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クール・ビズ

おぉ、クール・ビズですね。

そんな言葉が今年の夏、流行りそうだ。

細田官房長官が披露した、ノーネクタイ、上着なしスタイルだ。

所謂、20年前大平内閣時に流行った「省エネルック」である。

私は、ほとんどの場合クール・ビズで、たまにスーツスタイルになる。

「クール・ビズ」、私の耳には何故かかっこよく聞こえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xデー

チャンスが訪れて来た。

他の歯科医院とはまったく違った考え方、ノウハウをインプット出来た。

後は、患者さんにそれをアウトプットして成功するだけだ。

題名通り成功のステップを1づつクリアーにしていく。

くしくも5月22日は私のバースデーである。

今回の誕生日を期に、本格的な私のサクセスストーリーが始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤原 紀香

人生最期の日、あなたは何をしたいですか。

ヒューマンドラマスペシャル「天国へのカレンダー」だ。

死を意識しても人は前向きに生きていけるか。軽々しく、答えを出す事ができないが、死と向き合って開き直れば、前向きに生きられるかもしれない。

些細な事すらでもくよくよしてしまう私であるから。どうか。

しかし、人は必ず最期には死が訪れる。

人は何故生き、仕事や恋愛にのめり込むのか。

何かを残すためであろうか。後世の者に俺はこんなだったよと。

人生最期の日、出来うれば何も思い残す事が無い、満身の笑みでいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日本一

富士山は、日本1の山だが、日本第2位の高さの山は知られていない。

昨年、長者番付8位(これだけでもすごいのだが)の方ってご存知だろうか?

今年の長者番付日本1、タワー投資顧問会社運用部長清原達郎氏、46歳だ。

彼の会社は、役員5名社員10名の15名。

彼は社員10名の中のサラリーマンである。

清原氏のプロフィールは

自宅は賃貸 

車ナシ 

服装はごく普通のスーツ 

趣味は得しない

しかし、東大卒だ。

仕事はどうか、足で稼ぐ会社らしい

年間3000社をまわるらしい

彼は1日3,4社、アドバイスとして「はーそうですか」と話を聞くだけだそうだ。

しかし、彼の株は「神格化」し6年間で、6.4倍も増えるらしい。

そんな清原氏を、悪く言う人はいないそうだ。

彼の納税額から換算すると、昨年の売り上げは500億円になる。

うち20%が彼の報酬になる。

100億円、お札の重さで1tになるそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャストミート

ジャストミート福沢こと日テレ福沢朗アナがフリーになる。

彼のアナウンサー人生で一番辛かった事は、アメリカ横断ウルトラクイズの総合司会を福留アナからバトンタッチする時だったそうだ。

当時ウルトラクイズと言えば福留アナ、福留アナと言えばウルトラクイズと言われるくらいウルトラクイズの代名詞は福留アナであった。

その大役を任される時の、お客さんのリアクション、無名の福沢アナにとっては本当に辛いものがあったという。

その辛さ故、とんねるずの生ダラの闘牛、はたから見ると辛そうに思える仕事も、”屁”とも思わなかったそうだ。

彼と私は同じ世代、今後の彼の活躍が気になってしょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

アイランド

ドラマ「恋におちたら」の草彅君演じる、鈴木島男だ。

今日の弟5話、思わず泣いてしまった。

別荘の前で、差し入れのおにぎりと豚汁を神谷がほうばった時、神谷は分ったんだね。こんなにおにぎりが美味しいってことを。今までの生き方が少し違うんじゃないかってことを。

再びキモイのですが、佐藤江里子の「サービス」受けてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城咲 仁

ようこそ!ロミオへジュリエット

TBSスペシャルドラマ夜王ーYAOU-だ。

ホストクラブ「愛本店」のカリスマホストの城咲仁が、一億円を捨てて芸能界入りした。

確か、彼の父親は会社経営をしていて、そのまま線路を進んでいれば、間違いなくその会社の社長になれるのであるが、あえて彼はホストの道に進んだ。しかも、ホスト界でNo.1になり、そこにあきたらず、芸能界入りをしたのだ。今後の城咲仁を見守っていきたい。

YAOUのエンディングデーマ曲のジャーニー「オープン・アームズ」は懐かしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

数ある靴の中で、私の好きな靴といえば、エドワード・グリーン、サントニー、ジョン・ロブ、J.M.Weston、ヤンコ、ロブスなどである。

英国、フランスの靴もいいが、やはり私はイタリアの靴が好きである。

サントニーはレザースニカーの火付け役で、私の愛用の靴である。

通勤には、自転車を使うためどうしてもカジュアル系の靴を買ってしまう。

この夏、白いレザースニカーに挑戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の子

先日のK―1ワールドMAX世界一決定トーナメント開幕戦で、神の子がKO負けしてしまいました。山本”KID”徳郁だ。

「俺は格闘技の神様の子供」「俺を尊敬しない相手はぶちのめす」と自信たっぷりのコメントといつもギラギラしている目付き、魅力的である。

神の子は、K-1より総合向きなので、7月が楽しみだ。

毎週月曜の9時30分ニッポン放送で山本”KID”徳郁がDJをいている、くしくも私はキムタクの「エンジン」を見入ってしまった。来週からラジオ聞こっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいちゃん

あいちゃんと言えば、ゴルフの宮里藍ちゃん、歌手の大塚愛ちゃん、タレントの飯島愛ちゃん?がいますが、先日行われた世界卓球選手権2005我らの福原愛ちゃんにスポットを当てたいと思います。

彼女は私が知る限りで一番すごいアスリートだと思う。何がかというと、イチローはすごいが彼の幼少時代は私は知らない。しかし、彼女の幼少時代を私は知っている。テレビで紹介されていたからだ。

とかく幼少時代からマスコミに、とりだたされていると大抵の場合、つぶされたり伸びてこない、しかし彼女は違った。

昨年メダルには届かなかったがアテネの地を踏んだし、先日の世界卓球選手権でも堂々の姿を我々に見せてくれた。

彼女の父親いわく、愛は「努力をいやがらない才能がある」とさえ言っている。毎日1000本ラリーを行うそうだ。往復で1回、失敗したら始めから。

今まで何十万、何百万という球を打ち返したのだろうか。その球の数が多くなれば多くなる程、彼女の夢が近づく。

次のオリンピックが楽しみでしょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

少年とそば打ち職人

WG那須に行って来ました。

別荘と言いたいところですが、ホテルに泊まりました。

毎回、那須に行った時はそこに泊まります。

私は無類のバイキング好きで、都内のホテル、関東のホテルのバイキングはすべて?制覇しました。

このホテルNo1です!

今回のバイキングメニューで驚かされたのは、白魚の踊り食いがあったことです

踊り食いですよ!バイキングで!

前回は、デザートをパテシエが一人一人にチョコレートソースで名前を入れてデコレーションしてくれたのに感動しました。

今回の目玉は踊り食いか、と思っていたらまだ先がありました。

なんとそれは”そば”なんです。

バイキングにそばなんて当たり前?でもここは違うんです!職人がそばを手打ちで打っているんです!バイキングで!驚きました!

しかも、その様子を子供達が見にくるわけです。中でも、ある少年がそば粉を水でとぐところからそばを打つまで、時間にして約20分位、微動だもせずじーと見つめているわけです。少年もいちいち質問するわけですね。そんな粉がそばになるのか?と、すると、そば職人がすかさず答えるわけですよ、少年の質問に。このやりとりを私もおもしろく、ずーっと聞いていました。今の子供達も、素晴らしいものに対しては感動するんじゃん!バイキングとは思えない。エンターテェーメント性を垣間見てしまったのです。

すごいですよこのホテル!その他にも、必ず数名のイタリア人のアコーディオン、バイオリンの流しがきて、レストラン内を盛り上げます。このサービス何もお知らせはありませんので、初めて体感した時、涙が出てしまいました。本当にでますって、食事は最高に美味しいし、「うめー!」と思っているところに、バイオリンの流しが来るんだから!

いやー今回も感動させてもらいました!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »