« 「もっと冒険しておけばよかった」 | トップページ | 朝からユニクロ »

執着を手放す

人に認められたい、私が宝塚にいる意味を感じたい

という気持ちが強くて、ずっと主演男役(トップ)を目指していました。

でも、なかなか実現しない。

「何が足りなくてそのポジションに行けないのか」と悩み、

自分を責めてばかりいました。

その間はつらかったですね。

でも、ある時トップをあきらめたんです。

主演でなくてもいい、その代わり、どんな汚れ役でもいい、

私にしかできないものを形にし、

舞台人として「これでいい」と納得するところまでやってみよう、

「安蘭を辞めさせるのは惜しい」

と言ってもらえるような役者になろうと思ったんです。

トップに執着していると、

役者として本来やるべきことを見失ってしまう

ということに気づいたから。

芝居や歌以外のことに神経を使う時間が

何だかもったいないなって。

そんなふうに意識を変えたら、

トップの話が舞い込んできました。

その時「ああ、いったん執着を手放したのがよかったんだ」と思いました。

安蘭けい(元宝塚星組トップスター)

|

« 「もっと冒険しておけばよかった」 | トップページ | 朝からユニクロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3017/53806188

この記事へのトラックバック一覧です: 執着を手放す:

« 「もっと冒険しておけばよかった」 | トップページ | 朝からユニクロ »